> カテゴリ
全体
選手、気持ち
保護者の皆様へ
指導者関係
技術
からだのメンテナンス
名言、格言
他チーム指導者の言葉
ちょっと笑える話
ishii morioの独り言
> フォロー中のブログ
> メモ帳
<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
1対1と間合い vol.3
「1対1と間合い」 vol.3

ディフェンスの「コツ」について(その1)

 ディフェンスの現場での指導における最重要ポイントと私が感じたのは、足立九中の市原監督のディフェンスの最初の1歩に関するコメントです。
 一般には、1歩目を素早く大きく踏んでコースと止めろと指導されますが、ステップの素早さと大きさは両立せず、大きく踏めばバランスを保つのも難しくなり、フェイクにひっかかれば立て直しようがありません。
 市原監督の手法は、その種の悩みに対する解答ともなるものです。

 「ディフェンスの1歩目は必ず進行方向側の足で踏みだし、しかもクロス・ステップにならないようにする。
 そして、直線的に抜かれないようにコースに入りながら、相手を外側へと押し出していく。」というのは、よく言われることですが、より重要なのはその方法論で、市原監督は次のように仰っています。

 「その1歩目のステップは小さくし、次の2歩目・3歩目への助走のような感覚で指導する。1歩目で無理をして大きく踏み出し、体勢を崩して間合いを外されては元も子もない。」
 よく言われる、大きく1歩足を広げて止めるのではない点に私は注目しています。小刻みに速く動かすという感覚になります。


 他にも何点か非常に参考になる考え方が提示されています。:

・ 間合いの見極めには、オフェンスないしディフェンスに余裕があるかないかが重要になる。

・ ディフェンスは相手の足下に入るくらいに間合いを詰め、良いシュートや良いパスをさせない。相手にドリブルをさせればディフェンスにとっては好都合であり、ドリブラーはチーム・ディフェンスで守ればいい。

・ パスに対するディフェンスが無頓着なチームが多い。ドリブルよりも、素早いパスでテンポ良く崩される方が怖いと考える。良いパスを出させない間合いをとることが大切。

・ ディフェンスが抜かれまいとして下がると、オフェンスはシュート、ドリブル、パスの全てを余裕をもってできてしまう。特に、長身チームに対して引いて守れば、センターにドンピシャの良いパスを出されてしまう。

・ リバウンドは、スクリーンアウト(=ディフェンスによる密着)のための間合いの見極め・攻防である。

 なお、これらの点に関する青山学院大学の長谷川監督のアドバイスは、次のようなものです。

・ 間合いを詰めることによりフェイクに引っ掛かりにくくなるが、ステップに対応しにくくもなる。

・ したがって、ボールマンのフリーフットを押さえながら間合いを詰める技術が必要になる(ボールマンは必ずフリーフットで抜いてくるから)。

・ 更に、ボールマンが踏み込む一歩に対してディフェンスがコースに入るためには、一歩のステップに加えて、更に小刻みなステップも連動して行う必要がある。


ジュニア期のバスケットボール指導より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-30 21:10 | 技術
1対1と間合い vol.2
「1対1と間合い」 vol.2

オフェンスの「コツ」について

 オフェンスの1対1の指導ノウハウとしては、青山学院大学の長谷川監督の次のコメントが非常に参考になります。

1 フェイクでディフェンスに反応させて、自分に優位な間合いを作りだす。その際には、ボールを大きく動かし過ぎないことが大事である。
 例えばシュート・フェイクではボールを頭上までもってくると、ドライブやパスに転じる際に時間がかかりすぎる。

2 ステップを踏んだ瞬間、重心がピボットフットではなく、フリーフットに乗りすぎるようでは、ステップを元に戻したい場合に遅くなってしまう。

3 ステップを踏んだ瞬間、ボールをフリーフットの方に動かすのは、ボールを戻したいとき(例えばクロスオーバーして方向転換する場合)に遅くなってしまう。
 次のプレーへの移行を素早くするには、ボールはピボットフットの方に置いておきたい。


ジュニア期のバスケットボール指導より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-30 20:37 | 技術
1対1と間合い vol.1
「1対1と間合い」 vol.1

「1対1のディフェンスのコツ」


1 ボールマンの肩・腰・上腿といった重心点の動きを視て、ドリブルインの踏み込みを察知し、踏み込んできた側の足で小さく1歩目のサイドステップを行う。

2 この踏み込みが、ゴールに直線的に向かうディフェンスの体側ぎりぎりのコースである場合、あるいはフェイクである場合には、「小さい1歩」でコースを止めることができる。

3 踏み込みがディフェンスの体側から離れていれば、オフェンスは大回りしていることになり、直線的に抜かれることはなくなるので、内線の利で最短距離を動きつつインラインを維持すれば良い。

4 「小さい1歩」でコースを止められたオフェンスが更に踏み込んでくる場合、前回の「1対1の攻防とメンタル・スキル」で言及した合法的な押し合いの状態に入ったことになるので、(最初の1歩を助走として)次の2歩目を素早くステップしてコースを止め続ける。」


間合いについて
 JOMOの内海ヘッドコーチ - 「ディフェンスは気持ちから!一生懸命に守れ!!」と言われ、マークマンに密着しようとして技術や足がついていかずにあっさり抜かれるようでは、ディフェンスを頑張っているとは言えない。技、足、駆け引きを含む経験値、この3つを養っていくことが必要になってくる。

 青山学院大学の長谷川監督 - 武道における間合いが、次の技を仕掛ける可能性を指し示しているように、間合いは「距離感」のみならず「チャンス」ととらえることが可能である。
 プレーのタイミングを逸すれば相手に優位な間合いになってしまうから、相手の狙いを察知し、次の対応を判断するという「読み」が必要になってくる。
 結局、オフェンス、ディフェンス共に自分の間合いをつくろうとする駆け引きがバスケットボールの攻防を形作るのだ。

 つくば秀英高の稲葉コーチ① - ディフェンスは、オフェンスにある主導権を奪うために、ワンアームの間合いをいかにゼロに近づけるか工夫する。ディフェンスによるフェイク(フェイクバック)も有効に使いたい。
 オフェンスが有利な間合いを作るためには、状況判断に基づいたチェンジ・オブ・ペースとチェンジ・オブ・ディレクションが欠かせない。

 つくば秀英高の稲葉コーチ② - また、オフボール状態の間合いは最も指導が難しいが、ディフェンスのクローズアウト(+プッシュバック)の際には、ミドルをドライブインさせないように方向づけ、相手の動きを止めておいてから、(フェイクバックで)すかさず正面に入るようにする。
 これに対するオフェンスは、クローズアウトしてくるディフェンスとボールとを見ながら、ボールミートやステップを使いながら有利な間合い、ひいてはディフェンスとのズレを作るようにする。


ジュニア期のバスケットボール指導より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-30 19:48 | 技術
身辺整理
「身辺整理」

 「身辺整理」とは、自分の身の周りの事や物などを整え、理路整然と置くことを言います。
 たかが「身辺整理」、されど“身辺整理”です。
 例えば、練習や練習試合で荷物をステージや更衣室に置いた時に、雑然と無秩序に置いてあったり、なかにはカバンの口が開いていて、中の衣類がだらしなく飛び出していたり、そんな様子を見た人が一様に思うのは、だらしない!ということでしょう。
 そしてチームの指導者が、それを見つけて叱ります。「だらしないことをするな! すぐに片づけろ!」
 そして、見た目よく片づけるのです。「これからも、整理整頓に気を付けろ!」と続くのでしょう。
 子供達は、怒られるのが怖いし、怒られるのが嫌だから片づけるようになるかもしれません。
 しかし、整理整頓…それも身辺整理のことならば、身辺整理がなぜ大事なことなのか、理解せずにやっている。確かに、『ならぬものは ならぬ!』というのも教えに違いありません。
 それも大事な教えですが、なぜ、ならぬのかについて考えることも大事なことだと思います。

 ひとつの考え方として、身の周りの物が、他の人から見て雑然と置いてあっても、本人いわく、「それでも自分には、どこに、なにがあるのかわかる。だから、誰にも迷惑などかけていない。」
 この理由こそ、自己チューの極みでしょう!「自由」と「身勝手」を履き違えて、『「公(おおやけ)」に対し、義務と責任が伴う』ことを知らないガキがエラソーにのたまうときに言うセリフ、揚げ句、注意した大人に聞こえよがしに、「ウッセー…」とのたまう。
 おまえは何様か!

 身辺整理とは、単なる身の周りの事や物を、他からキレイに見せるためにやるのではないのです。他のためにやるのではないのです。
 自分の生きている覚悟の証(あかし)として、自分の人としての品性を保つために、自分自身の内面を、自分自身で静観したときに、自分が、いついなくなってもいいように、自分がいなくなって、他人に自分をさらけ出す時に、自分の規範を守るために行うのが「身辺整理」なのです。

 この守るべき自分の品性や名誉と言う規範を「オナー・コード」と呼びます。
 それは他律ではなく、自分が律っする自律心です。だから、自分にはわかると言っておきながら、探しものが、見つからないときに、周りのせいにして、揚げ句に注意されたときに、みっともない捨てぜりふを臆面もなく吐くのです。
 そして、自分という個人の「身辺整理」ができたなら、自分の集まりである、仲間というチームの「身辺整理」もできるのです。
 それは、仲間全体のオナー・コードを守ることになるのです。仲間全体の品性と名誉が守られるのです。
 しかし、基本は、自分が生きていることに対して、品性と名誉を大切に考えることです。
 「品性と名誉?」と思うでしょう。「自分は自分、汚くても臭くても、他人に迷惑をかけなければいいだろう!」と思うでしょう。
 そういう精神が「生きる」ことの意味を理解していないのだと思うのです。確かに、私という存在は、世の中にひとりしかいません。けれど、私はひとりでは生きていけないのです。誰かに支えられて、そして誰かを支えて生きているのです。
 そこに「生きている」ということの価値があることを理解できなければならないと思うのです。

 何かに人生を、必死の想いで懸けている者こそ、「必ず死する」という強固な想いで、何かに打ち込むのであれば、道を究める修行のひとつとして、「身辺整理」を覚悟を持ってやるべきなのです。
 自分が品性と名誉をもって生きるために、そしてそれが仲間の品性と名誉に繋がる大切なものであることを理解して、それができない者は、将来、目標を手にすることなどできないのは自明の理でしょう。

 「身辺整理」とは目標を手にするための覚悟の証なのです。
 オナー・コードの心を持って生きる覚悟さえあれば、「身辺整理」など、わけない事だと思うのです。


やっぱりミニバスのブログより
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-30 19:27 | ishii morioの独り言
選手として
「選手として」

1 追求なくして進歩なし

 なぜ?と思って見てみると…「なるほど」が見つかる。
 「なるほど」が身につけば、次に向かって成長し、次の「なぜ?」にぶつかる。
 その繰り返しが自分を成長させてくれる。

2 調子の良し悪し

 調子がいい時に張り切って出来るのは当たり前。
 調子が悪い時に、調子が悪いとあきらめたら、もっと調子が悪くなる。
 調子が悪い時にこそ、踏ん張る気持ちと繰り返す意欲と行動が大事だ。

3 自信という思い

 「やるぞ!」と思っただけだでは自信は湧いてこない。
 経験して、土壇場を切り抜けたときにこそ自信という実になる。
 だから失敗し続けても、やり遂げるまで続けるしかない。

4 自分の位置

 自分の立ち位置を自分で決める奴がいる。
 誰かと比べるから、その位置を気にする。気にするなとは言わない。
 ただし、それが好きだからやっているのに、自分の位置を気にし始めると、それが嫌いになる。
 自分の位置は、自分と比べることで決めていく、そうすれば、好きだから続けていける。

5 「もうダメだ」と思ったとき

 競った試合で追い上げられて、「もうダメだ」と思った瞬間にダメになる。
 絶対にチャンスを作る。絶対にチャンスは逃さない!その気持ちを忘れないで攻める。
 一本のシュートで、その思いは逆転する。
 「もうダメだ!」ではなく、「まだ行ける!」…最後のコンマ何秒で放ったシュートが決まる。
 その醍醐味を味わうことだ。

6 やり直し?

 一人の欠席者のために、もう一度授業をやり直してはくれない。
 休んでいたので動きがわかりません…それは当たり前だろう。
 だからといって、もう一度みんなに説明したことを説明することは出来ない。
 自分で追いついてくることだ。

7 優れた選手

 優れた選手とは、うまくいかない時に、自分自身で立ち直ることができる選手だと思う。
 すごいプレーをするけれど、うまくいかないとチームメイトのせいにしたり、ふてくされる選手は、ただの目立ちたがり屋、頼りにはならない。

8 最上級生

 技術は確かに下級生より劣るかもしれない。
 だけど、黙々と真摯に、そしてひたむきに練習してきた最上級生は信頼できて、尊敬できるだろう。
 最上級生のオーラがあって、いざという時に頼りになる。
 試合は技術や体力だけでは出来ない。
 苦労した年月の差は埋まらない、そんな頼もしさが最上級生にはある。


やっぱりミニバスのブログより
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-28 21:49 | 選手、気持ち
唾液の働き
「唾液の働き」

 唾液は健口の要といっても過言ではない、大切な働きをしています。

1 消化促進
 炭水化物は、唾液によって口の中でその一部が消化されます。炭水化物を含むご飯やパンは、よく噛むほど消化吸収がよくなります。

2 食べ物をまとめる
 噛んで細かくなった食べ物を飲み込みやすくまとめるのも唾液の役割。唾液があまり出ないと、飲み込みにくく、むせなどを起こしやすくなります。

3 味を認識する
 味は舌の上に置くだけではわからず、唾液の中に溶け出すことで、認識されます。

4 発音をしやすくする
 唾液によって口が適度に潤っていると、口が滑らかに動き、発音するのが楽になります。

5 口の中の掃除
 唾液は食事をしていないときにも分泌され、歯や舌の表面についた食べ物のかすや、細菌などを洗い流しています。

6 虫歯を防ぐ
 食べ物が口に入ると口の中は酸性に傾き、その酸が歯の表面を溶かして、虫歯の芽をつくります。唾液は酸を中和して虫歯の予防をしています。

7 細菌の増殖を抑える
 唾液には抗菌作用のある物質が含まれていて、細菌の増殖を抑えて感染を防ぎます。

8 粘膜を保護する
 口の中の粘膜を守って、口の乾燥を防いだり、刺激で口の中が傷つくのを防いでくれます。


Life 6月号より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-22 10:27 | からだのメンテナンス
口の健康はからだの健康
「口の健康はからだの健康」

 食べる、話す、呼吸する、笑うなど、毎日を楽しんで過ごすのにとても大切な「口」。実は全身の健康にも深い関わりがあり、健やかな口は健やかなからだの維持に欠かせません。反対に、ケアを疎かにしてしまうと健康な生活にとっての「災いの元」にも。
 この機会に口の健康について見直しましょう。

1 脳に刺激で記憶力アップ
 噛むことによって大脳が刺激され、脳内の血流量が増えます。これによって、記憶力や集中力、判断力が高まると言われています。
 特に、記憶を司る脳の神経細胞と奥歯には密接な関係があり、しっかり噛めなくなると記憶力に影響を及ぼすこともあります。

2 声、表情、視力にも

 よく噛むと、口のまわりにたくさんある小さな筋肉が鍛えられ、言葉をはっきりと発音できるようになります。
 また、顔の筋肉を使うことで、顔が引き締まりシワの予防効果や表情が豊かになる効果、目のピントを調整する筋肉を鍛える効果も期待できます。

3 生活習慣病、肥満を防ぐ
 ゆっくりよく噛んで食べることは、食べ過ぎ防止に効果的。噛むと脳内に神経性ヒスタミンという物質が生成され、これが満腹中枢を刺激して食欲を抑えます。
 また、噛むことで酸素消費量が増え、体温が上昇。エネルギー代謝を促して、内臓脂肪を燃焼させると言われています。

4 唾液がたくさん出る
 噛むことは食べ物を細かくするためだけではなく、唾液腺を刺激して、唾液の分泌を促すという働きも。
 健口づくりに役立つ唾液を多く出すためには、噛む回数を増やすことが大切です。


Life 6月号より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-22 10:09 | からだのメンテナンス
言葉で教える vol.5
「言葉で教える」 vol.4

「何が大切?指導者・教育者として」

 先日の全国バスケットボ-ルクリニックの前夜、全日本の中川監督と食事の席で選手を育てながら勝つことが求められる話を聞いていると、ある瞬間から、選手の自主性を伸ばすの大切さに気づいたという話を聞きました。

 一定のレベルまで強くするには、トップダウンで言うことを聞かせた方が早いですが、そこからさらに上を目指そうと思ったら、選手の考える力を伸ばさなければ勝てないというのです。
 もちろん、瞬時の判断が求められる試合中に、いちいち監督の顔色を窺っているチームと、自分たちで考えて判断できるチームでは、咄嗟の動きが違ってくるのでしょう。刻々と変化する状況の中で、その時々のBESTを選択し続ける。

『状況判断』これからの時代、求められるのはおそらくそういう力です。

 大人になって、自分で後悔しない選択ができるように、小さな決断をする機会を、子供たち、選手たちにできるだけたくさんつくってあげたいものです。

 また、つくづく想う。「~させる」という言葉。

 勉強させる。仕事させる。練習させる。「~させる」を頻繁に使う人。そこに違和感を感じるときがある。なぜならこの言葉は、そこに相手の意思は関係なく、相手の能力を低く見積もり、自分の「動機付け」という教育能力の不足を棚に上げ、目先の方法論しか見えていない人が使う言葉だと思うから。
 仮に、教えを受ける側の成長の度合いによって、教える側が「強制力」を行使せざるを得ないと判断するときには、その理由と次のステップに行くための道のりを想定し、それらをきちんと伝えることが必要だと思う。そこまで出来ていない指導者に、相手の能力不足を問うたり、裁いたりする資格はない。私は、いつもそう思いながら、勉強しているつもりだが?なかなか、難しいこと。でも、本当に大切なことだと思う。

 「意志を育てる」こと、それに勝るものはない。
 「志」が強ければ強いほど、「信念」が強ければ強いほど、行動する力の大きさが増してくる。
 「強制」で作り上げるものより、「共感」から「自立」を促し、自らの「意志」による「行動」、それを生み出すあらゆるものの方が断然強いと実感する。
 『どんな強制力よりも共感が勝る。』

×強制 →動かされる→訓練によって→自然に身につく→形でしかない

◎共感→自立が促される→自らの意志による行動によって→理解して身につく→応用が利く


愛知県の藤浪中学の鷲野先生(トップエンデバー・コーチ)のコメントより
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-21 06:16 | 指導者関係
言葉で教える vol.4
「言葉で教える」 vol.4

6 スポーツ指導の教育的側面について

 克己、挑戦心(逃げないこと)、不断の努力、感謝といった道徳的価値を、スポーツ指導の現場でどこまで追求するかに関しては、意見がかなり別れるところでしょうし、私自身も迷いがある部分です。
 バスケットボールを通じて、社会にとって望ましい(好ましい)人間像に近づく、社会の荒波の中を生き抜く知恵と勇気と人間力を養う。聞こえはいいですが、それをとことん追求すべきなのか?
 また、勝利至上主義の弊害の一方で、競技スポーツにおける勝利を目指した努力の大切さ、勝って初めて見えてくるものがあるということ(同時に負けを経験することの意義もあります)、チーム(チームメイト)や学校・地域社会に対する責任や使命感といったプラス(?)の側面も存在する。勝たせてあげたい、勝てるように頑張らせたいという指導者の気持ちは、本当に利己的なものに過ぎないのか?

 今のミニバスチームの主力選手達(女子)は、学校でリーダー格の子が多いですが、相当に悪い子ちゃん(?)でもあるようです。何か問題が起こると「またバスケ部の子か...」と言われることも多く、その結果メンバー集めに支障をきたしているとも言われます。それをしょっちゅう耳にする私は、彼ら達をとても自慢に思ってしまうんです。歪んでますかね...

 塾や習い事の代わり(あるいはそれらに加えて)に、バスケットにのめり込み、休日のほとんどをコートで過ごす。地域でも特にタフなスタイルを追求し、戦う心を育ててきた子達です。コートの中ではとても格好良く、気が強く獰猛で、感情の激しい子達です。
 アスリートなら、向上心、感謝の心、礼儀、フェアプレイの精神、文武両道を追求せよという大人は多いですよね?
 でも私は、コート内では理想的な選手であっても、教室や家庭や路上ではそうとは限らないと思っています。気が強くおてんばで、リーダーシップがあり、正義感や義侠心が強い。おまけに成長期たけなわで、反抗期に入りかけている。

 そんな子達が優等生でいるのは無理があると、私は思ってしまうんです。子供らしく純粋な部分だけでなく、大人になる過程のぐちゃぐちゃした部分もそのまま受け入れてあげたい。
 お前ら反抗期だろ?と言うと、彼ら達はニヤリとします。はねっかえりだからこそ可愛いし、言うことを聞かないからこそ面白い。子供は時に弱く・ズルく・シンプルですが、それを含めて・それだからこそ愛すべき存在なんだと思います。

 良い生徒であることが良い選手に直結する。家庭生活と学校生活がそのままコート上に現れる。それは事実なのでしょうし、頂点を目指すには必須なのかもしれません。しかし一方で、学校や家庭に居場所がなくて、クラブだけが救いの場になっている子だっています。良い生徒・良い子でなければ、真剣なプレイの場にいてはいけないのでしょうか?

 今の私は、スポーツ指導の現場に道徳観やしつけ・教育目的を持ち込むことを意識的に避けています。体育館での子供達との交流(協働するだけでなく対立や衝突もする、笑顔だけでなく涙もある)を楽しみつつ、子供達にとってバスケットボール・コートが自分を開放できる場、青春しているという実感をもてる場になってくれればそれでいいと思っています。


ジュニア期のバスケットボール指導より抜粋
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-21 05:54 | 指導者関係
言葉で教える vol.3
「言葉で教える」 vol.3

5 何を怒るのか

 指導者は子供達との信頼関係や師弟関係を損なわないような声がけのやり方を模索せねばなりません。ミスをした・上手くいかないから怒る、試合に負けて怒る、試合自体には勝っても途中の局面的なことで怒るといった場合に、気にいらないプレイや試合に負けたこと自体をなじっているだけでは、その言葉の中に選手達が次に生きるアドバイスを見出すことは難しいでしょう。
 ましてや、怒鳴り散らして非難する、体罰を課するといった行動の中には、アドバイス性は皆無です。

 ミスが生じた状況や上手くいかないメカニズムを指導者が理解していれば、練習ないし試合の中で修正できるように具体的にアドバイスしていくことが可能なはずです。スキル不足は指導者の至らなさを反映しているということに尽きます。
 また、試合に勝つのは選手のおかげ、負けるのは指導者の責任という鉄則に鑑みれば、勝った試合の中には選手達の課題を見つけ、負けた試合の中には指導者自身の課題を見つけるべきでしょう。

 私が子供達を叱る・怒るのは、意図・意思・勇気があれば出来たはずのことをやらなかった時です。例えば、ルーズボールとリバウンドへの参加を怠った時には相当叱りますし、ディフェンスのハリーバックや速攻といったトランジション時のダッシュをサボったとき、ディフェンスのカバー・ローテーションやオフェンス時のセイフティを忘れた時(気付いていたのに動かなかった時)も同様です。
 これらに関しては、子供達の中に習慣化されてチームカラーとして定着するまで言い続ける覚悟が必要です。

 また、普段から注意している悪い癖が再現してしまったら、そのことを認識させるために指摘することも多いです。
 一年中同じことを注意される子だって出てきますが、コーチとして選手の成長をあきらめたら負けだと思っています。見捨てたりしない代わりに、良い方向に進むまで、永遠に正し続ける一方で、少しでも改善したら手放しで褒めることの繰り返しです。どちらが根負けするか? 私の方ではないですね。

 トップダウンで言うことを聞かせるのではなく、選手の自主性=自ら考える力(状況判断→プレイの選択→実行に向けた決断)を伸ばすことの大切さ。
 「どんな強制力よりも共感(動機づけ・意思・志・信念)が勝る」、指導者として肝に命じておきたい言葉です。


ジュニア期のバスケットボール指導より抜粋
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-21 04:51 | 指導者関係
   

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧