<   2012年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧
トリプルスレット・ポジション
「トリプルスレット・ポジション」

 トリプルスレットポジションをとるには理由があります。
 それは、バスケットボールに限らずスポーツする上で、正しい姿勢を身につけることが、上達の早道であり、もっとも大切な基本です。
 一流と言われる選手であればあるほど、基本に忠実です。いいプレーは基本が身についていなければ、成し得ません。
 バスケットボールにおいては、ボールを受けたときの姿勢の形が「トリプルスレット・ポジション」になります。
 ボールを受けた選手が行える3つのこと。それは、シュート、ドリブル、パスのいずれかです。これらの3つのプレーにスムーズに行うことができるための姿勢が「トリプルスレット・ポジション」です。

 ポイントは、胸の前で指先を上に向けてボールを保持します。胸の前というのがポイントです。胸の前でないと、パスはすぐに出すことができません。シュートへの移行も胸がスタートです。胸の前にボールがあることで、すぐにクイックに移行でき、シュート、ドリブル、パスの3つのプレーができます。ただし、ディフェンスが目の前にいる時はボールを奪われる危険があるので注意が必要です。

 さて、下半身はどうでしょうか。ひざを曲げ、背筋を伸ばすことで頭をあげ、視野を広く保ちます。状況を把握し、判断することでよりよいプレーを選択します。

【トリプルスレット・ポジションのポイント】
●指先を上に向けて、胸の前にボールを保持する。
●背筋を伸ばし、上体を起こし、広い視野をもつ。
●両足は肩幅に開き、ひざを適度に曲げる。
 身体は柔らかくリラックスを保ち、動き出すときは、脚からではなく重心を移動させることで、身体を移動させるようにする。

 オフェンスにおける武器を繰り出すための姿勢が「トリプルスレット・ポジション」と考えるならば、武器となるシュート、パス、ドリブルを選択するための情報は、ビジョンによって得られます。
 得られた情報によって、プレーを選択することになります。この状況による選択肢は無数にあるように思えますが、いかなる状況によっても、自分または味方が優位になる状況になるように選択する必要があります。となれば、おのずと選択すべきプレーは決まってきます。これを無意識のうちに感じ取れるようになることが必要です。
 考えてはいけない。感じることです。「トリプルスレット・ポジション」はそのための一歩になります。

 基本が大切です。
 シンプルなプレーほど確実です。
 パターンにこだわってはいけません。
 判断と思考で動くことです。


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-31 22:41 | 技術
伝統
「伝統(先輩と後輩、チーム一丸のために)」

 ミニバス、中学や高校、大学のバスケチームはそれぞれの主力になる学年の学生と、その先輩、後輩で作られます。
 その学生達が必ず思っているのは、「主力となった自分達の代で頑張ろう!」ということ。その思いは間違いではないでしょう。
 しかし、考えて欲しいのは、チームって何?ということ。君達は、そのチームでプレーをしています。他の人達から見れば「自分達の代」なんてわからないことです。 他の人達はそのチームを応援しています。君達が所属しているチームを応援しています。
 「自分達の代」という思いもわかりますが、「チームとして、後輩達と一緒にチームのためにやろう!」という意識に少し欠けている気がします。 これを「所属意識」又は、「アイデンティティ」というのでしょう。
 家族の一員だから、家族が元気で健康であることを願い、 その学校の生徒だから、自分の通う学校の部活が頑張っていれば嬉しくなり、 日本人だから、オリンピックで日本の選手が活躍すれば、我が身のことのように全身で喜ぶこと、それが、所属意識であり、チーム一丸のための根っ子の意識だろうと思います。

 自分が所属するチームの後輩達が頑張っているなら、後輩達のチームを応援することはチームメンバーなら当たり前の気持ちでしょう。
 さて、「自分達の代」で頑張った君達が、素晴らしい戦績を残し現役から引退し、そして後輩達が、それを引き継ぎ、そして先輩達のように試合に臨む、先輩達は引退したから、『もう俺達、私達の代ではないから関係ない!?』と思うなら、先輩という君達は、そのチームのメンバーとは言えないでしょう。その学校なりを卒業して、OBやOGならば、今のチームの一員ではないから、外から見守るように応援するでしょう。
 しかし、現役を引退したとしても、その学校なりを卒業しないかぎり、君達はそのチームのメンバーであり、現役の先輩であることに間違いはないことです。
 例えば、後輩達は先輩達のような結果を出せずに苦しんでいるとします。君達は何も感じないのだろうか? 後輩達の能力が君達より劣っていた結果だからしょうがないと思うのでしょうか?後輩達が頑張っている試合を応援することは、チームの一員として当然のこと。
 自分達は引退したから、試合に出ないから、後輩達の試合を応援することはない!?自分達は試合に出ないから、そこに行かない、見ても仕方がない?それは違うと思うのです!
 「チーム一丸!」とは、先輩が後輩を導き、後輩の模範となり、後輩はそういう先輩を敬い、自分達もそのような先輩になろう!と思うこと。
 それが次代の者へと受け継がれていき、「伝統」という連綿と継がる「チーム」となると思います。それが「チーム一丸」の本当の在り方だと思うのです。

やっぱりミニバスのブログより
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-31 21:45 | 選手、気持ち
夏の疲れを癒やすストレッチ vol.4
「夏の疲れを癒やすストレッチ」 vol.4

 歩きながらできる動的ストレッチ、ローテーションウォークです。
 学生時代、体育の時間にやったことがある人もいるかもしれませんね。

 それではさっそく、スタートです。
1.右足をひざから曲げて内側に上げ、左手で外側のくるぶしにタッチし、足を下ろします。
2.同様に、左足を内側に上げて、右手で外側のくるぶしにタッチし下ろします。
3.右足を外側に上げて、右手で外側のくるぶしにタッチして下ろします。
4.左足を外側に上げて、左手で外側のくるぶしタッチして下ろします。
 腰を丸めないように注意して、リズミカルに行いましょう。

 また、歩かなくても、室内で立ち止まった状態でもできるので、暑い日の運動不足解消にもおすすめです。音楽をかけながら、ノリノリでやると、ちょっと楽しいですよ。

i Bodymoからのお知らせ
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-31 21:31 | からだのメンテナンス
夏の疲れを癒やすストレッチ vol.3
「夏の疲れを癒やすストレッチ」 vol.3

 散歩がてら、手軽にできる動的ストレッチです。
 歩くと下半身の筋肉が刺激され、血液のポンプ作用を促し、より血行がよくなります。その結果、疲労物質や老廃物が排せつされやすくなるのです。
 そこへさらに、動的ストレッチの動きを加えると、歩くときに使う以外の筋肉や関節を、ほぐしたり柔らかくしたりできます。

 それでは、歩き+動的ストレッチをさっそくスタート
1.片足をあげ、前後に1回軽くスイング。
2.さらにもう一度、前に大きくスイングして着地します。
 この繰り返しで歩いてみましょう。
 脚を振りだすとき、腰を丸めないように注意して、レッツスイング

 長時間のウォーキングはおっくうだけど、コンビニに散歩がてら行くくらいなら…という人にもおすすめ
 歩くことに動的ストレッチをプラスすると、リンパの流れが滞りがちな股関節まわりが伸び、血行がよくなります。
 外ではちょっと恥ずかしい、という人は、部屋の中でもできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

i Bodymoからのお知らせ
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-31 21:27 | からだのメンテナンス
夏の疲れを癒やすストレッチ vol.2
「夏の疲れを癒やすストレッチ」 vol.2

 就寝前におすすめの、動的ストレッチ⇒静的ストレッチの組み合わせです。
 からだを大きく動かす動的ストレッチは、交感神経を活性化させます。一方、静かに伸ばす静的ストレッチは、副交感神経を優位にすると言われています。
 まず、動的ストレッチで血行を促し、静的ストレッチで終わると、スムーズに眠りにつけて、疲れがとれやすくなります。

 肩回りの動的⇒静的ストレッチをご紹介
 まずは、動的ストレッチ
1.両足を肩幅に開いて立ち、両手の指先を肩につけます。
2.両ひじを胸の前で閉じたら、ひじで大きな円を描くように、上⇒横⇒下⇒正面と、3回後ろ回しをします。
3.つづいて、下⇒横⇒上⇒正面と、3回前回しをします。

 次に、静的ストレッチ
1.両手を頭の後ろで組みます。
2.腕の重みで静かに頭を下げ、背中を丸めます。
※首は強く押し過ぎないように注意して、背中の筋肉をしっかり伸ばしましょう。

 デスクワークが多く、首や肩が疲れやすい人には特におすすめ。ほぐしている部分を意識しながら、他のことは考えずに、ゆったり行いましょう。テレビやパソコンを消して集中するのもいいですね。

i Bodymoからのお知らせ
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-31 05:50 | からだのメンテナンス
活動量アップのコツ vol.5
「活動量のアップのコツ」 vol.5

肩まわりをほぐすエクササイズです。ちょっと大きな動作になりますので、休憩時や人目をあまり気にしない時間帯に、ぜひやってみてください。

1.背筋を伸ばしていすに座り、両腕を両耳の横につけるように肩からまっすぐ上に上げます。
※このとき、手のひらは内側に向けましょう。
2.次に、手のひらを外側に向けて両ひじを曲げ、胸を張るようにして両腕を横に下ろし、ひじを胸の高さで止めます。
※このとき、しっかり胸を張ったままキープしましょう。

大きく、リズミカルに動かすのがポイント
10回×3セットを目安に、さっそくエクササイズしてみましょう。

パソコン仕事など、同じ姿勢が続く人は、ちょっと休憩してこのエクササイズでリフレッシュ。
普段あまり使わない肩関節を動かすエクササイズなので、肩や首回りの血行が良くなり、肩コリ予防にも効果的です。

i Bodymoからのお知らせ
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-31 05:44 | からだのメンテナンス
プライドと責任感
「プライドと責任感(パフォーマンスを上げるために)」

 バスケットボールの技術、体格、体力、身体能力がいくら優れていてもやる気がなければ、いいパフォーマンスでプレーすることはできません。
 そこに必要なのは、健全な精神力です。

 バスケットボールをプレーする上で、必要な身体的なものは「体格」「体力」「身体能力」です。
 体格は、身長と手足の長さであり、体の縦横の大きさのことです。 体力は、筋力、持久力などです。身体能力は、ジャンプ力や移動の速さ、素早さなどのことになります。
 これらは、バスケットボールを行う上での武器と言えるでしょう。ことさら、この武器が有効なのはディフェンスです。身体が大きく、手足が長い、動きが素早いという力は、オフェンスプレーヤーに対して脅威と言えるでしょう。
 また、インサイドにおいての競り合いでは体の強さが必要になります。競り合いには、筋力の強さとともに、当たり負けしないある程度の体重が必要となるでしょう。
 しかし、これらの身体的な武器が優れていても、それを動かすのは「心」の部分です。ディフェンスには、調子の良し悪しはありません。あるのは「心」であり、「がんばる気持ちです」
 そのことからも、ディフェンスを頑張れない選手は、いい選手にはなれないと考えます。

 いいパフォーマンスを行うためのポイントは「心・技・体」です。なぜ、「心」が一番先にくるのか、それは一番大切だからです。 「心」が「技」と「体」をコントロールするのです。
 どんな場面で「技」「体」の力を発揮するかは「心」の力が重要になるのです。ゆえに、やる気のない選手は力を発揮することができなくなります。
 「技」や「体」だけを磨いていも、いいパフォーマンスはできません。「心」を磨く必要があるのです。

 「心」を動かすのに必要なものは「プライド」と「責任感」ではないでしょうか。
 ミニバスケットボールには、レギュラーという言葉は使いません。5人だけでは戦えないからです。そして、ベストメンバーという言葉を使います。それは、勝つために選ばれた選手です。言わば、チームの代表と言えるでしょう。そして、ベストメンバーだけでなく、交代する選手、そして、ベンチにいる選手もある意味選ばれた選手であるのです。
 そういう意味で、コートに立つこと、ユニフォームを着ることに「プライド」と「責任感」をもつことが必要です。
 いいパフォーマンスのために必要なのは、「プライド」と「責任感」です。それを意識して日々の練習、試合に臨むようにするべきです。

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-31 00:15 | 選手、気持ち
シュートの実戦力を上げる
「シュートの実戦力を上げる(プレッシャーに勝つ)」

 シュートは練習で決めるのは当然です。まして、ディフェンスがいないシュートドリルでは、100%に近い確率で決める必要があります。それは、距離が長くなっても大きく確率が下がらないことが理想的です。
 長い距離で確率が悪かったら一歩前に出て入るようにしましょう。そして、感覚をつかんたら、長い距離へとチャレンジしましょう。
 しかし、ノーマークでシュートできる状況など、試合ではありません。ディフェンスがいてもシュート決めるように練習しましょう。
 いろいろな角度や距離からのシュートがマスターできたら、実戦を想定したディフェンスをつけてのシュート練習が必要です。
 実戦では、フリースロー以外はノーマークならないと思ったほうが良いと思います。ディフェンスがいて決まるシュートこそ必要です。

 さて、ディフェンスをつけてのシュート練習の最初はただ立っているだけのものでいいでしょう。それだけでもシュートの感覚が変わります。感覚のずれによってシュートは入らなくなります。少し慣れて入るようになってきたら、少し邪魔をしてもらいましょう。徐々にならして、最後は本気でチェックしてもらうのです。
 まず、ディフェンスがいても、自分のシュートフォーム、リズムを崩さずにリリースを確実にできるようにし、スナップを効かせましょう。
 そうすれば、シュートは入るようになります。最初はうまくいかないはずです。うまくいかない時は、ひとつ前の段階に戻り、しっかりとシュート感覚やフォーム、リズム、リリースを取り戻しましょう。そして、次の段階にチャレンジします。
 うまくいかなくなったら戻るというのが、シュート練習のポイントだと思います。


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-30 23:08 | 技術
ミス
「ミス」

 チーム力をそぐのは”ミス”です。特に、オフェンスでのミスはターンオーバーといい、相手の得点に直結します。さらに許されないのは、同じミスを繰り返すことでしょう。同じミスを繰り返すということは、技術的に未熟であるか、集中力を欠いていることで起きるのでしょう。
 トラベリング、ファンブル、パスミス、キャッチミス、スティールされる、簡単にヘルドボールにして相手ボールにするという同じミスを繰り返すということは、チーム力をマイナスにするものだということを、プレーヤーは自覚しなければなりません。
 これらのミスを、『ミスするな!』とコーチが言うのは簡単です。しかし、選手自身はミスをしたくてしているのではないのも確かでしょう。これらのミスは選手自身の気持ちの問題というのも確かでしょうが、
 トラベリングを何故するのか?
 ファンブルを何故するのか?
 パスミスを何故するのか?
 キャッチミスを何故するのか?
 スティールを何故されるのか?
 ヘルドボールに何故なるのか?
 それぞれに、気持ちをベースにしながらも、はっきりした原因があるはずです。これらの“何故”を明らかにしない限り、選手自身の気持ちの問題だけだとすることは間違いだと思います。
 コーチが、その何故を明確に指導しているならば、選手自身の意志で注意してプレーすべきでしょう。コーチがそのミスの”何故”を明らかにすることなく、その修正について指導しないならば、そのミスは、”何故”を指導しないコーチの責任だと思います。
 そして、選手自身がミスを繰り返さないように意識して行うことです。

 ある諺(ことわざ)ですが、
『転ぶのは恥ではない、転んだままでいるのが恥なのだ』

 同じミスを繰り返すということは、転んだままでいるのと同じです。そこから起きあがり、同じ転び方をしないようにするには何をするべきか、それを考えて、意識して、そして行うことです。
 同じ転び方をする自分を、そのままにしておくことや、それを直そうと意識はしていると言いつつ、同じミスを繰り返すのは、直そうと意識していないのと同じです。
 それでも直らないと嘆くならば、直らないとあきらめた自分に負けたことでしょう。あきらめたらそこで終わりです。直らない自分と向き合い、その自分を救うために、自分がやる気にならなければ、次に進むことはできません。
 自分はダメだ!…と思った瞬間にすべてが嫌いになるのです。それが好きであるのなら、好きであり続けるための努力を継続することです。同じ失敗を繰り返すのは、無意識に体に染みついている癖なのです。
 その癖を直すためにどうすべきですか?
 その癖は何をしても直らないですか?
 癖とは、無意識に行う習慣ですから、無意識から意識するレベルに上げることです。自分の癖を見過ごすことなく、その癖を意識しておくことです。自分にはそれをやってしまう癖があると、自分に教え込むことで、それをやったときに、もう一度やり直すのです。試合中では無理ですから、普段の練習のときに徹底してやり直すことを癖にしていくのです。

 『一度してしまった失敗は、もう返ってこないけれども、同じ失敗を繰り返さないように努力し、新たにやり直すことはできる。自分はダメな人間だと思いこんだとき、人間は本当にダメになるものである。』(少林寺拳法…宗道臣)

 その癖を直すために、直らない自分と、直そうとする自分と、堂々と向き合ってあきらめずに自分を変えていく努力を継続する。継続することで、前に進むことが出来ると思います。

 健闘を祈ります。
 自分のために!
 仲間のために!


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-30 22:41 | 選手、気持ち
夏の疲れを癒やすストレッチ vol.1
「夏の疲れを癒やすストレッチ」 vol.1

 残暑が厳しい8月後半、なんとなくだるく、疲れて何もする気になれないというときには、ついゴロゴロ過ごしたくなりますよね。
 でも、ただ寝ているだけだと、実は疲れがとれにくいのです。例えば、アスリートは、オフの日にあえてジョギングやストレッチでからだを軽く動かし、疲れをリセットすることがあります。
 とはいえ、疲れているときに運動なんて無理!という気持ちになることもありますよね。

 そこで、手軽にゴロ寝のままできるストレッチです。
1.仰向けに寝て、両手はからだの脇に八の字に開きます。
2.左脚を直角に曲げて立てます。
3.左ひざの外側に右足のくるぶしをひっかけ、その重みで左ひざを右側の床に近づけます。
4.ゆっくり呼吸をしながらじっくり伸ばしたら、気持ちいいところでキープします。
5.反対側も同様に行います。
 呼吸はゆっくりとおしりの筋肉は固まりやすく、普通の動きでは伸ばせません。ストレッチでしっかり伸ばすと気持ちいいですよ。
 朝起きて、ゆっくり背伸びした後や、夜のお風呂上がりにおすすめです。

i Bodymoからのお知らせ
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-29 20:33 | からだのメンテナンス
   

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧