> カテゴリ
全体
選手、気持ち
保護者の皆様へ
指導者関係
技術
からだのメンテナンス
名言、格言
他チーム指導者の言葉
ちょっと笑える話
ishii morioの独り言
> フォロー中のブログ
> メモ帳
カテゴリ:ちょっと笑える話( 23 )
デコピン免除券
「デコピン免除券」

 忘れ物やバッグが開けっ放しなどだらしないことをした時に、監督からデコピンを食らう我がチーム。
 しかし、毎年の合宿のゲーム大会の優勝チームは、副賞としてピンチの時に1回だけ使えるデコピン免除券がもらえるのだが、今年ゲットした3年生は家の中に貼って、いつ使おうかと楽しみにしているとのこと。
 あのう、使わないようにしてほしいのが目的なんですが…(笑)


(ishii morio)

[PR]
by kamonomiyamini | 2014-09-07 23:04 | ちょっと笑える話
試合(ゲーム)
「試合しよ?」

練習中に2年生男子が来て、「ねぇねぇ、試合しよ?」
「まだ試合できるほど、うまくなっていないんじゃないか?」
「わかった」
コートのみんなに、「ねぇ!試合だって!」
おいおい、誰もそんなこと言ってないよ(笑)

(ishii morio)

[PR]
by kamonomiyamini | 2014-05-05 07:47 | ちょっと笑える話
試合の始まり
 試合後のミーティングでの子どもたちとのやりとり


「みんなに質問、試合はいつから始まるんでしょうか?」

4年生が元気よく「9時!」

一瞬の間
「ピンポーン!」・・・(確かに試合開始時間はそうだけど)


(ishii morio)



[PR]
by kamonomiyamini | 2014-04-15 06:47 | ちょっと笑える話
スローイン
クオータータイム明け、ゲーム開始前に「どっちボール?」とコート内の選手に尋ねたら

「ドッヂボールじゃないよ」

「ごめん、聞き方が悪かった、どっちのチームのボール?」

ishii morio
[PR]
by kamonomiyamini | 2014-04-06 13:31 | ちょっと笑える話
新人戦にて
 相手選手の速攻のドリブルシュートに対して、4年生が後ろから追い付くも並んだところでファウル。

 「追い付くことができるんだから、追い越せ!スピード違反にはならないから!」

ishii morio
[PR]
by kamonomiyamini | 2014-02-17 19:01 | ちょっと笑える話
練習中の返事
ハーフコート3対3の途中での選手とのやり取り

監督:シュートを打たれたら、スクリーンアウトをしろ!
選手:はい!
監督:スクリーンアウトは、いつするんだ!?
選手:今でしょ!
監督:無言(笑うしかなかった)

ゆかいな選手が多いチームです。

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-10-05 10:51 | ちょっと笑える話
悪ガッキーズ
 先日の練習試合、椅子は指導者用のみでしていたところ、出番がなかなか来ない1年生の悪ガッキーズたち、自分の前に立ちはだかり
「いつ出るの、いつ出るの?」コール。
「もうすぐだから、床に座って待っていろ」
 ふと後ろを見ると、ちゃっかりひとりが指導者用椅子に座って、腕組みで観戦中。
「誰がそこに座れって言った?!」
 ひとりをどかすと、また新たな悪ガッキーズが座ってしまい、収拾がつかない。

 他チームの指導者は、大笑いですが、練習でも試合でも、この状況が四六時中起こるのですから、気が抜けないったらありゃしない(笑)
 こんな悪ガッキーズが、これから先、どう成長するか楽しみでもありますが、いきなりの背後からの抱きつきや浣腸攻撃にも注意を払わなくてはならないので、なかなかコートに集中できません(笑)

(ishii morio)
   
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-08-08 09:28 | ちょっと笑える話
常連客
 いつも自慢話が好きな人と、その人がよく行くという店での話

 その人が店員に「いつものやつ」と言ったところ
 「いつものやつとは、何でしたか?」

 その人の表情とどうしていいかで、笑いをこらえるのが、精一杯。

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-05-29 20:07 | ちょっと笑える話
ポイント制
 ディフェンスで声が出ない我がチーム。何かいい方法はないかと今回「ポイント制」を導入。
 場面により出す声は違うものの、出なかった場合は1ポイントをゲット、3ポイント貯まると、もれなくステージで歌える権利をもらえます。(㊟権利は他の人に譲ったり、辞退することはできません。)
 ただし、ナイスプレイをしたり、ナイストライをした場合はポイントが消えてしまいます。

 さあ、こどもたちよ!どんどんポイントを貯めて、大いに歌おう!

 促進期間中には、ポイントが2倍になり、振り付けもできるよう、現在検討中ですので、こうご期待を・・・・・

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-05-05 05:26 | ちょっと笑える話
自己主張
 昨日の練習で、スローインに対して、動きはしたものの、ボールをミートする方向に行かなかった5年生に、そのことを注意したところ、「自分はミートに行った」と目に涙を溜めて、頑なに否定するではありませんか。
 そこで、場面を再現させたところ、今度はしっかりミートできました。

 さて、ここで悩むところです。指導者として彼の主張を間違っていると指摘するか。認めるかです。実際に、彼はミートは理解していました。あなたならどうしますか?

 自分は、まず始めに彼の主張を認めました。その後に、自分からはこう見えたと説明すると小さくうなずいていたので、彼も自分の動き方にも問題があったことを認めてくれたようです。

 子どもの性格も千差万別です。あそこでお互いが自己主張しあっても喧嘩になるだけで、最後は指導者の強権発動で、力でねじ伏せてしまうことになるでしょう。
 自分の選択が正しかったかどうかはわかりませんが、頭ごなしに押さえつけるのはよくないことだと思います。まして、自分の意見を主張できることは大切なことなので、彼が今後ふてくされて、やらなくなってしまうことを考えると、まずは認める方が今回は正解に思います。

 もしかするととんでもない大物になるかも知れません。今後の彼に注目していきたいと思います。

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-05-05 05:01 | ちょっと笑える話
   

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧