> 選択肢を奪う指示
「選択肢を奪う指示」

 プレー中の選手に対してベンチや応援席からプレーを限定する声かけをしてしまうことがよくあります。
 「シュート!」「パスしろ!」などで、ひどいことにベンチの指導者と応援席の保護者が違った声かけをすることもあります。

 コートサイドからいろいろ言われると子どもは非常に迷います。大きな声で「シュート!」と言われれば、反射的に打ってしまうでしょう。それは選手の育成の妨げになります。本来ならば、選手自身が判断すべきこと。時にはコーチからの作戦を指示されているかもしれません。

 特に指導者の声かけでは、「シュート!」や「なぜ、シュートしない!」があります。次の同じような場面でシュートすると「なぜ、パスしない!」に変わったりと正反対のことを言ったりします。
 たとえ指導者であっても、基本的にはプレーの選択は選手の判断を尊重し、決めつけたプレーをさせるような指示は慎むべきでしょう。間違ったら、「実は、こっちの選択もあったよ」などと、子ども自身が気づいて直すように導く姿勢で見てあげたいものです。

 逆に厳しく言うべきこととしては、乱暴なプレーや態度、怠けていたり、逃げたり、さぼったりなど、ミニバスケットボールが成り立たない言動をした時です。

 指導者も保護者も「頑張れ!」「あきらめるな!」など純粋に応援する声かけをすべきで、見守る姿勢での観戦をしたいものです。


(ishii morio)



[PR]
by kamonomiyamini | 2016-11-14 22:06 | 指導者関係

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧