> 勝利至上主義の指導者の弊害
「勝利至上主義の指導者の弊害」(陥りやすい傾向)

1 子どもたちが、運動やスポーツに対して失望してしまう。
2 子どもたちが、自信を失ってしまう。
3 子どもたちの創意工夫する努力や問題解決する気力を萎えさせてしまう。
4 子どもたちの無気力な行動様式を育ててしまう。
5 疲労骨折などのスポーツ障害を発生させてしまう。
6 横柄な態度、敗者や恵まれない者を蔑む性格などの歪んだ人間性を形成してしまう。


(ishii morio)

[PR]
by kamonomiyamini | 2014-11-13 05:36 | 指導者関係