> 口の健康はからだの健康
「口の健康はからだの健康」

 食べる、話す、呼吸する、笑うなど、毎日を楽しんで過ごすのにとても大切な「口」。実は全身の健康にも深い関わりがあり、健やかな口は健やかなからだの維持に欠かせません。反対に、ケアを疎かにしてしまうと健康な生活にとっての「災いの元」にも。
 この機会に口の健康について見直しましょう。

1 脳に刺激で記憶力アップ
 噛むことによって大脳が刺激され、脳内の血流量が増えます。これによって、記憶力や集中力、判断力が高まると言われています。
 特に、記憶を司る脳の神経細胞と奥歯には密接な関係があり、しっかり噛めなくなると記憶力に影響を及ぼすこともあります。

2 声、表情、視力にも

 よく噛むと、口のまわりにたくさんある小さな筋肉が鍛えられ、言葉をはっきりと発音できるようになります。
 また、顔の筋肉を使うことで、顔が引き締まりシワの予防効果や表情が豊かになる効果、目のピントを調整する筋肉を鍛える効果も期待できます。

3 生活習慣病、肥満を防ぐ
 ゆっくりよく噛んで食べることは、食べ過ぎ防止に効果的。噛むと脳内に神経性ヒスタミンという物質が生成され、これが満腹中枢を刺激して食欲を抑えます。
 また、噛むことで酸素消費量が増え、体温が上昇。エネルギー代謝を促して、内臓脂肪を燃焼させると言われています。

4 唾液がたくさん出る
 噛むことは食べ物を細かくするためだけではなく、唾液腺を刺激して、唾液の分泌を促すという働きも。
 健口づくりに役立つ唾液を多く出すためには、噛む回数を増やすことが大切です。


Life 6月号より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2013-06-22 10:09 | からだのメンテナンス

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧