> モチベーション vol.2
「モチベーション vol.2」

 vol.1では、モチベーション復活の秘訣を知るために、初心者の頃のときの楽しさを振り返りました。

1、やることなすこと全て新しい体験ばかり
2、練習すればするほど、どんどん上手くなっていく
3、欲があまりない

 この3つを備えているから初心者は、バスケットが楽しくて仕方ないのです。

 それでは、君自身に当てはめてみましょう。
 バスケットに必要な一通りのことは練習し、なかなか簡単には上手くならず、目標意識(こうなりたいという欲)を持っているあなたは、もう初心者の頃には戻れません。
 「じゃあ、もうバスケットを楽しく感じられないの?」
 いえいえ、そんなことはありません。モチベーションのアップには大切なポイントがあります。
 それは意識を持つことなんです。

●どういう意識を持てばいいのか

 まず、自分がバスケットの初心者ではないことを自覚してください。
 そんなことはわかってる? いえいえ、そうではなく。「もう初心者の頃のように、とにかくバスケットをやれば楽しいということはない」ということを自覚してほしいんです。

 君が「初心者」から「経験者」へとレベルアップした以上、ただ漫然とバスケットをしていて、気づけば勝手にうまくなっているという時期は過ぎています。
 君がうまくなるためには、集中して「うまくなるために練習する」という意識を持って、バスケットをしなければならないんです。
 ちょっと専門的な話も絡みますが、バスケットは体で(神経で)覚えるスポーツです。例えばシュート1つとっても、何度も集中してシュート練習をすることで、運動神経にシュートの動きを訓練させるわけです。
 これを集中してこなさなければ、筋力的な向上はあっても、神経の訓練が出来ないので、結果的にシュートがうまくなることはありません。

 初心者の頃はそもそもが下手ですから、ある程度格好がついてくるとうまくなったように感じられます。
 しかし、それ以降は、自分で「何をうまくなるための練習か」ということを意識して、100%集中して練習する必要があるのです。
 練習中、シュートの1本1本、パスの1つ1つに集中していますか?
 1度1度の練習に集中する、それを長く続けることは難しいことですが、集中してやらない練習は、辛い上にうまくならないという最悪の練習です。
 こういう練習をしてしまうと、どんどんバスケットが好きになれなくなるんですね。

 初心者の頃のように「2、練習すればするほど、どんどん上手くなっていく」ことがないあなたは、この点に気をつけて、集中して練習に臨むべきなんです。

「楽しくない」→「バスケに集中できない」→「うまくならない」→「楽しくない」という悪循環を断ち切るために、まずは一回一回の練習に集中して取り組んでみましょう。


「あなたがバスケットボールで全国大会に出られない理由」より
(isii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-12-09 01:33 | 選手、気持ち

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧