人気ブログランキング |
> うまくなるには
「うまくなるには」

 一方的に押し付けられる指導では、右の耳から入った言葉も左の耳から抜けて出てしまい、頭の中には残らないものです。
 例えば、今の状況の中で何をすべきか、どう動くべきか、それらを意識せずに何も考えないままプレーしてしまっては、いい結果は生まれてきません。

 何より流されるままに、目的も何も意識せずにバスケットボールをしても何も楽しくないはずです。
 まずは、何をすべきか、どう動くべきか考えてやってみる。
 うまくいかなければ、やり方を変えてみる。
 それでもうまくいかなければ、チームメイトを真似てみる。
 それでも、わからなければ、チームメイトに聞いてみる。
 それでも、だめだったら、指導者に聞いてみる。

 バスケットボールの難しさは、プレーが途切れないことです。展開が速く、状況は刻々と変化します。何も考えていない。意識していなければ、何も出来ずに終わってしまうのは目に見えています。
 プレーのイメージを頭の中にあるのとないのとでは、できることが変わってくるのは当然です。

 わからないままプレーするのは、苦痛なものです。わからないままにしないことが大切なことです。
 人に聞く、本を読む、ビデオを観る。何気なく見ないで、気づいた事をノートに書いてみる。たまには、マンガを描いて図解にしてもいい。

 目的意識があれば、おのずと考えてバスケットボールをするようになります。やがて、自分のプレーが変わってきます。いい動き、イメージどおりのプレーが出来たときの達成感を味わうことができれば、楽しさを感じる事ができるでしょう。

 イメージどおりにプレーできない時、悔しさが出てきたら、それも成長です。失敗こそ、改善するという作業を身につけることになります。
 失敗してもいいんだ。失敗のまま終わらなければいいんだ。成功するまでやり続ければ、失敗は成功に変わる。
 何もしないことが一番の失敗である。失敗のまま終わらせることが、成長を妨げることです。
 色々な経験をしてこそ「成長」があると信じています。

(ishii morio)
by kamonomiyamini | 2012-11-28 23:48 | 選手、気持ち

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧