人気ブログランキング |
> 誰のために
「誰のために」

 自分が悔やまないためにどうするべきか?
 仲間のために…何をしてはいけないのか!?
 仲間のために…何をするべきなのか?

 考えなくてはいけないのは、コーチに怒鳴られないためにバスケをするのではない。コーチにほめてもらうためにバスケをするのではない。
 親に叱られない、親にほめてもらう、そんなためにバスケをするのではない。
 自分がやりたいバスケをして、バスケの楽しさを味わうためにバスケをするのです。

 自分ひとりでは、その楽しさを味わうことはできないのです。
 チームがひとつになって、同じゴールをねらうことで、バスケをする喜びを仲間と共有し、仲間をひとつにするのでしょう。
 ゴールを共にする仲間がいて、苦しく辛い練習も越えていけるのです。
 今、子供達に語っているのは、『勝つことを狙うな!、しかし勝つことをあきらめるな!そして、負けることを怖れるな!自分を活かし、自分を活かすことで、仲間を活かせ!全力! 集中! 仲間のために!』

 6年生に残されたミニバスの時間は、あと4ヵ月余りになりました。
 今の子供達が身に付けなければならないのは、強靭で、しなやかなメンタル力です。
 自分達のスタイルのバスケにこだわり、そのために、何をするべきか考えて、それをチーム全員が共有して行うことです。
 自分達で考え、自分達が行うこと。それが彼らに目標として示した『自立と自律』のバスケであり、これからも忘れて欲しくない生き方なのです。

 いよいよ、公式戦です。
 練り上げたチーム力が試されるときです。
 子供達のメンタル力が試されるときです。
 コーチは試合が始まれば、声援を送るだけです。子供達のミスや外したイージーシュートを大声で叱っても仕方ないのです。
 公式戦のオンザコートでは、子供達自身がどうにかするしかないのです。
 どのようなバスケをするべきなのか、子供達自身が考えて、行うこと。コーチは、彼らを応援する者として、彼らの試合ぶりを観戦しましょう。
 試合をするのは子供達であり、自分達が悔いなくプレーして、結果を得るために試合をするのですから、

『コーチの顔色をうかがいながらプレーをするな!自分達のゲームなんだから、自分達が満足できるゲームをすることだ!』

 自分が子供達に掛ける言葉として準備しているものです。


やっぱりミニバスのブログより
(ishii morio)
by kamonomiyamini | 2012-11-16 23:57 | ishii morioの独り言

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧