> カテゴリ
全体
選手、気持ち
保護者の皆様へ
指導者関係
技術
からだのメンテナンス
名言、格言
他チーム指導者の言葉
ちょっと笑える話
ishii morioの独り言
> フォロー中のブログ
> メモ帳
> 突き出しのトラべリングはなぜ起こるのか?
「突き出しのトラベリングはなぜ起こるのか?」

 最近の中学生以上のバスケットボールでは、トラベリングに対するジャッジは、1オン1とか、シュートに持ち込む場面以外では鳴らないようになっています。これは、ゲームの流れを重視して、バスケットボールをもっと面白いスポーツにしようと言う考えから来ているのではないかと自分は思っています。

 しかし、ルール上はスリーステップはアウトです。ミニバスの子供たちには、トラベリングについてきちんと教えておかなければ、勝負どころでターンオーバーを犯してしまいます。

 バスケットはボールを保持したら3歩以上動けない競技です。ミニバスという初歩の段階でそれを覚えなければ、将来バスケットボールが面白くなくなってしまいます。

 当チームにもいくら説明をしてもドリブルの突き出しの際に、同じトラベリングをする子供が何人かいます。
 「何度説明しても、何故あんなにトラベリングをしてしまうのか?」なかなか理解できませんでしたが、しばらくその子たちの練習を見ていて、「人間は本来左右の足を交互に出して歩く」ことに気づきました。

 ボールをキャッチするときに右足・左足の順で着地すると、ドリブルを始める前に動かせる足は左足です。ということは、右足・左足・左足という人間の本来の歩き方とは違った動きになってしまいます。
 歩くということは習性になっている動作なので、人間本来の動きが出てしまっているのです。

 なので、バスケットボールにおいては、人間の持って生まれた習性とは異なった動作を習慣づけなければならないことに、ようやく気づきました。


(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-11-13 21:40 | 技術

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧