> カテゴリ
全体
選手、気持ち
保護者の皆様へ
指導者関係
技術
からだのメンテナンス
名言、格言
他チーム指導者の言葉
ちょっと笑える話
ishii morioの独り言
> フォロー中のブログ
> メモ帳
> 窓の外には
 1998年7月25日、県立野庭高校1年生の小森香澄さん(15歳)が「いじめ」が原因で、自宅で自殺して亡くなりました。

 この言葉は自殺の直前の7月21日に小森さんが母美登里さんに言った言葉です。

「優しい心が一番大切だよ。その心を持っていないあの子たちの方が可哀想なんだ」


 この曲は小森香澄さんが小学生のときに作詞をされた曲です。
 しかし、香澄さんはいじめに遭い、15歳と言う若さで自らの命を絶ってしまったのです。
 生前、香澄さんは、ご両親に「どうして優しいこころじゃいけないの?」「優しいこころだといじめられるの?」そう言われていたそうです。

 この曲は決して悲しい曲ではありません。みなさんに少しでも優しいこころを持って頂けたらと言う思いで歌わせて頂いております。
 お父様のお友達がメロディーをつけて完成した曲です。

「窓の外には」
               
作詞:小森香澄 補作:平島嵩大 作曲:平島嵩大

 窓の外には夢がある、夢のとなりには自然がある

 自然の上には空がある、空の上には星がある

 私達が生きる地球という船で

 例えどんな事があっても

 希望を見つけて生きていれば

 笑顔はきっと戻ってくる、明日の朝日胸に抱いて

 思い出、手の中握りしめて

 また明日一つ夢を見る

 星の向こうに未来がある、未来の向こうに愛がある

 愛の中には心がある、優しい心がそばにある

 私達が歩む大地の上で

 例えどんな事があっても

 愛という芽を育ててゆけば

 幸せはきっと花を咲かせ、未来の命つないでゆくよ

 思い出、手の中握りしめて

 また明日一つ夢さがす

 夜空に輝くいくつもの星が

 私の心につぶやいた、君の未来も輝いてるよ

 自由の翼力強く、そしてまたひとつ大人になり

 優しい心に飛び込もう、窓の外には夢がある


(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-11-01 21:55 | ishii morioの独り言

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧