> 残り3分の攻防(戦術)
「残り3分の攻防(戦術)」

 戦術は日ごろの練習で取り組んでいなければ、うまくはいきません。どんな状況にも対応できるようにいろいろと準備しておきたいもんですが、制約があり、むずかしいものです。
 でも、勝つためにはある程度の準備が必要です。

●ディフェンスの戦略
・ノーマルディフェンスからオールコートのプレス。
 仕掛けるためにはディフェンスでプレッシャーをかけて、ボールを奪いすぐに攻め、得点を狙うことが必要となるでしょう。
・積極的なディフェンスでボールを奪う。
 粘り強くディフェンスすることで、相手のミスを狙う。パスミス、キャッチミス、バイオレーション、シュートミスをさそってリバウンドを取る。インターセプトする。中心選手を徹底的にマーク等をチームの共通意識の中で実行させる。
・ディフェンスリバウンドは必ず取るために、ボックスアウトを徹底する。
・相手に苦し紛れの長いパスをさせるように、ボール近くの相手にプレッシャーをかけ、パスカットを狙う。

●オフェンスの戦術
・ドライブを仕掛け、相手のファールを狙う。
・キープ力のある選手を中心に展開する。
・中心選手(エース)で攻める。
・中心選手を起点に攻め、おとりに使う。
・シンプルで確率の高いプレーヤーでワンチャンスでシュートできるプレーをさせる。
・3つ以上のオプションを準備して、ひとつがだめでも次があるという気持で攻め続ける。
・切り返しを早くして、一気にゴールへ攻める。

★チームの状況、ゲームの状況、相手の状況で選択肢は変わってきます。これ以外にもいろいろと打つ手はあります。しかし、試合で突然仕掛けるわけにはいきませんので、そのためには準備が必要です。
 それには、練習の中で、いろんな状況を作ってシュミレーションすることが重要なことです。これが必ず成功するという保証はありません。でも、やった事を信じなければ、成功はありません。
 たとえうまくいかなくても、無駄な努力としないように、次への糧となるようにしなければいけません。

 失敗から学ぶという姿勢を忘れなければ、成功の花を咲かせることができるでしょう。


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-09-09 00:50 | 指導者関係

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧