> キャッチとシュート
「キャッチとシュート」

 アウトサイドからのシュートを決めたいとバスケマンなら誰でも思うことでしょう。そのためにはシュートについて知る必要があります。
 シュートはキャッチングからはじまります。ボールのもらい方によってシュートの質は変わってきます。ボールミートという言葉は、シュートを打つためのキャッチングの時の動作と言えます。そのときの、手のかたち、上半身の動き、下半身の動きと全体のリズムが重要です。

 シュートのポイントのキーワードは「真っすぐに、上に、逆スピン」
 シュートには打ち込みという練習が必要です。シュートの正しいフォームを身につけるための打ち込みとシュートの確率を上げるための打ち込みの二通りがあります。
 何気なく打つシュートなどありえません。シュートする時は、常に集中して決めることを目的としてください。そして、常にそのシュートが正しく打たれたものかを、確認しましょう。
 無駄なシュートや無気力なシュートは、害を及ぼすものでしかありません。確固たる意識をもってシュートすることがバスケマンとして必要なことです。

 個性的なシュートフォームを否定はしません。ただし、個性的であればおのずと多くの打ち込みが必要であると思います。また、シュートが入らないというスランプに陥ったときに、立ち直るのに時間を要することも覚えておかなければなりません。

 シュートはシンプルなフォームで打つべきです。いいフォームから打たれたシュートはボールが軽く見えるものです。
 まずは、シュートは真っすぐ投げることを心がけましょう。そして、上に投げる。リングは上を向いています。そのリングに真っすぐ上からきれいに吸い込まれるような軌道でなければなりません。そして、ボールにはバックスピンがかかっていなければなりません。これは、リリースのときに、指先で「ピシッ」と切るような感覚でボールを打ち出さなければなりません。これがボールの質を上げるポイントです。

 フォームの良し悪しは、真っすぐ飛んでいるかどうか?そして、正しい軌道かどうかということです。距離の長短は下半身の使い方で決まります。ボールと足は見えない糸でつながっていて、足の力をボールに伝えるといいシュートが放てます。


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-09-08 22:37 | 技術

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧