> ファンダメンタル
「身につけるべきファンダメンタル」

 ポジションに関係なく、すべての選手が身につけなければならないファンダメンタルがあります。

それは
●いかにノーマークになれるか。
 ノーマークになるための動きを身につけること。また、味方がノーマークになった時にパスできるタイミングを覚えることも大切です。

●確かなボールハンドリングが不可欠。
 ボールを正しく持つこと。ボール保持した時に持ちかえたり、指が大きく開いていなくて不安定であればプレーの精度は著しく落ちます。
 ボールキャッチ、シュート、パス、ドリブル、リバウンド、ボールを扱う技術の良し悪しでそれぞれのプレーの上達のしかたと正確さが決まります。

●シュートはバランスが大切。
 スタンスは肩幅に広げ柔らかく膝を曲げ、ボールは胸の高さに保ち、身体に密着させ、腕を床と垂直にし肘を内側に絞るようにします。そのまま、まっすぐにジャンプして、腕を上に動かしながら手首を使って投げる。フォロースルーを忘れずにして、最後は最後まで触れている指の感覚を意識します。

●リバウンドは「シュートは落ちるものである。」ということを意識することが大切です。そして、どこに落ちるかを想定して予測することが必要です。
 ジャンプは最高点で手が届くようにタイミングを図り、ボールを取ったら胸の位置にボール持ってくる。その際、肘を大きく張ることが大切です。

●パスはチームプレーに欠かすことのできないプレー。
 パスはディフェンダーのすぐ脇の下を通すこと。ディフェンスの上を越すパス、ディフェンスの回りだけを回すだけのパスだけではよくありません。
 パサーとレシーバーのタイミングを合わせて、正確なパスをすることがディフェンスを崩せます。

●ドリブルを多用しないこと。
 ドリブルを使う条件とは、
 ・フロントコートにボールを運ぶ時。
 ・パスを使わない方が有利な時。
 しかし、1対1で相手より勝っているならば、ドリブルで攻めることはいうまでもありません。その動きに「合わせ」のコンビネーションプレーを常に仕掛けることが重要です。

●ディフェンスでは相手の状況をみて対応すること。
 ・相手がまだドリブルをせず、ボールを持っているか。ドリブルをし終わってボールを持っているか。ドリブルしている最中であるか。
 ・マークマンがボール保持者から、ワンパス圏内か。ツーパス圏内か。それぞれの位置関係でのポジショニングを身につけましょう。
 ・腕を上げる、指を開く、手をボールに当てる。膝を曲げ、歩幅は肩幅、頭は両足の真ん中におく。つまり、どちらにでもすぐに動ける姿勢です。

 ファンダメンタルに対する知識を身につけ、正しく実行できることが成功できる選手へとつながります。


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-09-07 21:17 | 技術

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧