> ボールハンドリング vol.3
「ボールハンドリング」(ボールは友だち)

 何かをやり遂げるとか、習得するためには、とことん、こだわる必要があると思います。
 そこを何となくやり過ごしてしまうと上達が遅くなります。
 バスケットボールはボールを使って行うスポーツです。ボールを指で見る感覚が大切です。プレー中、視線がどこにあるかが重要なのです。
 上手ではない選手、上達しない選手は、ボールを持っていて、とにかく下を向いているものです。そして、周りが見えていないものです。
 ボールを気にする選手は、ボールの持ち方が悪いものです。だから、球離れが悪い、パスが出ない、囲まれるというプレーになりがちです。
 ボールハンドリングが悪いと、ボールを扱う技術だけでなく、プレーに必要な視野の広さも手に入れることができないでしょう。それでは、状況判断ができずにいいプレーができないどころか、ミスを多発してしまいます。まわりを見ながら、安定したボールキープできることが重要です。
 なかなか難しいかもしれませんが、ボールを見ずにプレーするようにしましょう。それによるミスはしかたありません。それでしてしまうミスを責めてはいけません。顔を上げてプレーできるようになると、上達は早いものです。

★たとえミスしても、ボールを見ずにプレーしよう!そうすれば、他のプレーも上達が早い。
★ボールを常にさわるようにしよう。 マイボールを必ず部屋におこう。テレビを見ている時でもボールをさわれば、上達も早い。
★利き手はもちろん、それ以上に逆の手を積極的に使う。左ドリブルの上達は欠かせません。プレーの幅がひろがる。

ボールは友だちです。仲の良い友だちになれるように努力しましょう。


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-09-03 20:23 | 技術

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧