> ボールハンドリング vol.2
「ボールハンドリング」(基本中の基本)

 ボールハンドリングと言えば、定番のボールハンドリングドリルを思い出します。初心者の人が必ず教えられるドリルです。
 しかし、ただしているだけで終わっていませんか?これこそ上達するのに欠かせない基本技術です。 ボールハンドリングは、シュート、ドリブル、パス、キャッチなどの基礎になる感覚や、ボールの扱いかたであると言えます。
 ボールコントロールでミスしないようであれば、他の技術が間違いなく進歩するはずです。逆にいえば、なぜ上手くならないかを考えるとき、このボールの扱い方、ボールハンドリングをおろそかにしていないかを確認する必要があるでしょう。

 ボールは普通両手で支えて持ちます。しかし、片手で扱うこともあります。
 ボールの中心をとらえることが出来なければボールは安定しません。
 ボールの中心をイメージして手をボールになじませることが重要です。

・ボールは指先で扱う。
・手のひらをべったりとボールにつけない。
・指先の感覚を養う。
・指や手の感覚を高めるために強いパス、強いドリブルを心掛ける。
・手首(スナップ)を柔らかく使う。

 ボールを身体の一部のように使えるようになることが上達の早道です。


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-09-02 22:40 | 技術

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧