> トリプルスレット・ポジション
「トリプルスレット・ポジション」

 トリプルスレットポジションをとるには理由があります。
 それは、バスケットボールに限らずスポーツする上で、正しい姿勢を身につけることが、上達の早道であり、もっとも大切な基本です。
 一流と言われる選手であればあるほど、基本に忠実です。いいプレーは基本が身についていなければ、成し得ません。
 バスケットボールにおいては、ボールを受けたときの姿勢の形が「トリプルスレット・ポジション」になります。
 ボールを受けた選手が行える3つのこと。それは、シュート、ドリブル、パスのいずれかです。これらの3つのプレーにスムーズに行うことができるための姿勢が「トリプルスレット・ポジション」です。

 ポイントは、胸の前で指先を上に向けてボールを保持します。胸の前というのがポイントです。胸の前でないと、パスはすぐに出すことができません。シュートへの移行も胸がスタートです。胸の前にボールがあることで、すぐにクイックに移行でき、シュート、ドリブル、パスの3つのプレーができます。ただし、ディフェンスが目の前にいる時はボールを奪われる危険があるので注意が必要です。

 さて、下半身はどうでしょうか。ひざを曲げ、背筋を伸ばすことで頭をあげ、視野を広く保ちます。状況を把握し、判断することでよりよいプレーを選択します。

【トリプルスレット・ポジションのポイント】
●指先を上に向けて、胸の前にボールを保持する。
●背筋を伸ばし、上体を起こし、広い視野をもつ。
●両足は肩幅に開き、ひざを適度に曲げる。
 身体は柔らかくリラックスを保ち、動き出すときは、脚からではなく重心を移動させることで、身体を移動させるようにする。

 オフェンスにおける武器を繰り出すための姿勢が「トリプルスレット・ポジション」と考えるならば、武器となるシュート、パス、ドリブルを選択するための情報は、ビジョンによって得られます。
 得られた情報によって、プレーを選択することになります。この状況による選択肢は無数にあるように思えますが、いかなる状況によっても、自分または味方が優位になる状況になるように選択する必要があります。となれば、おのずと選択すべきプレーは決まってきます。これを無意識のうちに感じ取れるようになることが必要です。
 考えてはいけない。感じることです。「トリプルスレット・ポジション」はそのための一歩になります。

 基本が大切です。
 シンプルなプレーほど確実です。
 パターンにこだわってはいけません。
 判断と思考で動くことです。


「バスケットのちから~籠球論語~」より
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-31 22:41 | 技術