> 「内蔵の夏疲れをケアする食事」 vol.4
「肝臓にやさしい食事」

 アルコールを飲む人はもちろん、糖分や脂肪分をとり過ぎている人も、デトックス機能をもつ肝臓に大きな負担をかけ、疲れさせています。
 ここでちょっとアルコールや甘いもの、油っこいものを意識的に控え、肝臓にやさしい食事をとるように心がけてみましょう。
 肝臓を守る食品の代表は、大豆製品です。良質のたんぱく質を多く含む大豆は、肝臓の修復機能を高めてくれます。また、大豆に含まれる大豆サポニンが、肝臓の負担を軽くしてくれるのです。その他、魚介類に多く含まれるタウリンや、ごまに含まれるゴマリグナンも、肝機能の低下を防ぐ働きがあると言われています。

 そこでおすすめなのは、豆腐サラダ+ごまドレッシング
 いつもの野菜サラダに、ひと口大に切った豆腐をトッピングして、ごまドレッシングをかけます。豆腐の代わりに、ゆで大豆や枝豆をトッピングしてもOKです。ごまドレッシングがなければ、家にあるドレッシングに、ごまをプラスしてもいいですよ。

 さっぱり食べられて簡単なので、ぜひお試しください。また、外食のメニューチェックのときにも、大豆料理を見つけたらさっそくチョイスしましょう。

i Bodymoからのお知らせ
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-08-22 20:42 | からだのメンテナンス

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧