> チームプレイ
「チームプレイ」

 バスケットはチームゲームです。選手の技術が優れているのと同じようにチームとして優れていなければなりません。
 チームプレーの最初の段階は、チームの約束事をつくることです。
 この状況では、こうあるべきといった約束事を選手に周知徹底しなければなりません。
 指導者はチームの約束事の考え方をどのように形成すればいいのかを考えなければなりません。

●得点よりアシストの方が重要であることを徹底する。
 しかし、アシストパスだけを考えていては相手に読まれてしまうので、いかなる場合も攻め気を失ってはいけません。そういう意味では個人技術が未熟であるとチームプレーというパスに逃げてしまう可能性があるので注意したいところです。
 ともあれ、個人技術を習得しているチームであれば、アシストパスを褒める。ゲームの展開によって有利にはたらくようなアシストパスを常に褒めるべきです。

●ノーマークの味方にパスを失敗したら必ず注意する。
 この場合だけは、プレーを止めても注意すべきです。それだけ、ノーマークの味方へのパスは重要です。

●選手に対して徹底すべきことは自分よりチームを優先させることですが、これが一番難しいことです。
 自分よりチームを優先することは消極的になることではありません。攻めるべき時は攻める。それがチームのためになるのであれば、迷わず攻める。しかし、常に自分より有利なところに味方がいないかを意識していなければなりません。
 そして、より有利な味方がいれば、確実にパスすることが大切なのです。

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-07-24 21:31 | 指導者関係

指導者がいろいろなコメントや聞いたことを書き込んでいるページです。
by kamonomiyamini
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
選択肢を奪う指示
at 2016-11-14 22:06
「するな」と「しろ」
at 2016-11-02 21:40
子どものタイプ
at 2016-10-31 12:18
檄を飛ばす
at 2016-10-28 22:56
下手くそ
at 2016-10-28 17:50
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧