> カテゴリ
全体
選手、気持ち
保護者の皆様へ
指導者関係
技術
からだのメンテナンス
名言、格言
他チーム指導者の言葉
ちょっと笑える話
ishii morioの独り言
> フォロー中のブログ
> メモ帳
素晴らしいアドバイス
「素晴らしいアドバイス」

 どんなに素晴らしいアドバイスや助言であろうと、結果が出た後に言ったのでは何の役にも立ちません。
 アドバイスや指示は、プレーする前に出すべきです。

 アドバイスをせずに、出た結果について言うのは、評論家であって、指導者ではありません。

 指導者としては、「あの場面で言っておけばよかった」などと悔いが残らないようにすることです。
 そして、言ったことが間違っていたら反省です。「自分が間違った」と正直に選手に謝るしかありません。
 何も言い返しませんが、選手はわかっています。
 ごまかそうとして信頼を失うより、謝って再出発する方がチームの向く方向が同じで、いい結果が出ると思います。


(ishii morio)
[PR]
# by kamonomiyamini | 2016-09-15 06:23 | 指導者関係
小さなことも全力で
「小さなことも全力で」

 もしも、あそこで〇〇〇がなかったら・・・。

 勝敗が決まった後に言われるのは、チャンスでのシュートミスやピンチでのファインプレーなどが上げられますが、敗因の多くは目立つプレーの前の小さなプレーにあります。
 「何で、あんなパスをしたんだろう」とか「あんなところで、キャッチミスしたんだろう」とか、小さなことが勝敗を決しています。

 大きな大会だから大きな力が働くと思うのは間違いです。小さなことが大きな勝敗を分けることになります。
 ボールミートやパス練習、ピボット練習など基本をしっかりやっておけば、大きな成果を発揮できたのに・・・。悔やんでも、もう後の祭りですね。

 小さなことでも全力で取り組み、小さなことを確実にできる選手は、間違いなく大きな成果を上げることができる。
 くだらないと思えることや当たり前と思うことでも、手を抜かない。小さなことの積み重ねが大輪の花を咲かせるのです。


(ishii morio)
[PR]
# by kamonomiyamini | 2016-09-15 05:14 | 選手、気持ち
鴨宮の子って
「鴨宮の子って」

 鴨宮の子って、「楽しそうだね!」
 鴨宮の子って、「うまいよね!」
 鴨宮の子って、「すごく、がんばるよね!」
 鴨宮の試合を見ていると「思わず応援したくなっちゃうね!」

 こんな言葉をいただけるチームにならなければいけない!
 少なくとも、我が地区は「鴨宮」が手本にならなきゃいけない!

『最強のチームよりも、最高のチーム』

 我が志であり、目標です。


(ishii morio)
 
[PR]
# by kamonomiyamini | 2016-09-02 21:45 | ishii morioの独り言
選手の戦い
「選手の戦い」

 選手には、次の3つの戦いがあります。

 まずは、指導者との戦い。
 指導者に「試合で使ってみたい」とか「何か楽しみだ」と思わせるようにならなければなりません。

 次に、自分との戦い。
 試合に出られるようになったら、コートに立つだけでなく、結果を出すことが必要になります。そのためには、コンディションを整え、自分の課題やどんな練習でも一生懸命、全力で取り組む姿勢がなければいけません。
 練習中や試合中に指導者の顔色を伺っているようではダメです。自分がやるべきことをしっかりできること。

 それができて、ようやく相手との戦いができます。
 自分のやるべきことができれば、余裕ができ、視野も広がり、マッチアップする相手を観察できるようになります。それがナイスプレーやナイスディフェンスにつながります。

 ひとつ目の戦いがクリアできていないのに、次の戦いに挑戦してもいい結果は出ません。
 順を追って、クリアしていくことが大切です。


(ishii morio)
[PR]
# by kamonomiyamini | 2016-09-02 05:12 | 選手、気持ち
比較
「比較」

 自分を他の人と比較して得られるのは「優越感」か「劣等感」です。
 人は馬鹿な生き物で、自分が優位になりたいので、自分よりも落ちる人を見つけたがるものです。
 自信を持ちたいために、自分よりも成績が悪い人や運動音痴の人を見つけようとします。

 でも、そんなことよりもすべきことは、「人と比較することではなく、過去の自分と比べること」です。
 「過去の自分よりも、今の自分は人間的に成長しているか?」こう考えるのが、自分自身を成長させる一番の方法です。

 ゴミをポイ捨てしていたが、今は落ちているゴミを拾うようになった。
 挨拶できなかったのが、大きな声で挨拶できるようになった。
 親にみんなやってもらっていたのが、自分から家の手伝いをするようになった。

 できなかったことができるようになった人は、成り下がることはまずないはずです。
 ゴミを拾うようになった人は、絶対に捨てないだろうし、挨拶できるようになった人が知らん顔することはないでしょう。

 常に自分を見つめて、成長しようと努める。比較すべきは、過去の自分です。


(ishii morio)
[PR]
# by kamonomiyamini | 2016-09-01 21:42 | ishii morioの独り言