> カテゴリ
全体
選手、気持ち
保護者の皆様へ
指導者関係
技術
からだのメンテナンス
名言、格言
他チーム指導者の言葉
ちょっと笑える話
ishii morioの独り言
> フォロー中のブログ
> メモ帳
<   2012年 06月 ( 146 )   > この月の画像一覧
家族円満
「自分が悪ければ、家族円満」

 家族と言えども人と人がいろいろ絡み合って暮らす訳ですから、生活の中には多少なりともトラブルは生じるでしょう。トラブルが生じた時にはどうすればいいか?次に二つの事例を上げてみますので考えてみてください。
 一つ目の事例です。家の中で子どもが床に置いてあったものにつまずいたとします。子どもは「何でこんな物がここにあるの」と言うと、お母さんが「あなたが気がつかない方が悪いのよ」、それを聞いていたおばあちゃんが「私もいつか誰かがつまずくと思ったよ。」
 二つ目の事例です。同じく子どもがつまずいたところまでは同じですが、つまずいたのを見たお母さんが「ごめんね、片付けるのを忘れていたから」と言うと、おばあちゃんが「気がついていた私が注意しなかったのが悪かったのよ」、すると子どもは「不注意な自分が悪かった」と言いました。
 さて、同じケースでも相手を悪く言うパターンと自分を悪く言うパターンでは、これだけの差が出てしまいます。これが日常茶飯事あったならば、おのずとその家族関係は大きく変わるでしょう。
 あなたの家庭は大丈夫ですか?

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-29 21:30 | ishii morioの独り言
ステップ その11
ステップ その11 「人の良いところを見る」
人の良い部分に目を向ける

子ども
・ 両親の良いところを話し合う
・ チームメイトの良いところを発表する
・ 苦手な人の良い部分を見つける


・ その日にあった良かったことを話させる
・ 人の悪口を言わない
・ 子どもをほめる

コーチ
・ 子どもたちにお互いの良いところを話させる
・ 良いプレーをすぐに指摘する
・ その日で良かった部分をひとりひとりの子どもに伝える


(辻式オリジナル・コーチング)
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-29 21:12 | 選手、気持ち
ステップ その10
ステップ その10 「自分を知る」
悪いところを直すより、良い部分を伸ばす

子ども
・ 自分の心の良いところを発表する
・ 自分のからだの良いところを発表する
・ 自分の技の良いところを発表する


・ 子どもの心の良いところを伝える
・ 子どものからだの良いところを伝える
・ 子どもの技の良いところを伝える

コーチ
・ ひとりひとりの心の良いところを考え、伝える
・ ひとりひとりのからだの良いところを考え、伝える
・ ひとりひとりの技の良いところを考え、伝える


(辻式オリジナル・コーチング)
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-29 21:06 | 選手、気持ち
克つ
自分に打ち勝つことは、勝利のうちで最大のものである。


(プラトン)
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-29 20:40 | 名言、格言
あきらめない
あきらめるな。
一度あきらめたら、それが習慣となる。


(がんばれ、ベアーズより)
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-29 20:21 | 名言、格言
女子キャプテン
 遠い昔に、女子をコーチしていた頃の話です。
 6年生に亜矢子というキャプテンがいたのですが、試合中にミスした選手をベンチ前に呼んで怒っていると、キャプテンが走り寄って、その子を連れていくではないですか。それも「コーチは怒ってばかりだから、気にしない、しない。」と言いながら、あ然としましたね。
 でも、キャプテンの言うことが合っているだけに、怒るよりも「よし!こいつに任せれば大丈夫。」と思い、その後はあまり怒らなくなりました。
 キャプテンの親分肌というか、人間的な器の大きさと度胸の良さを目の当たりに見せられ、反省すると同時に嬉しかったですね。なかなかこういう子は現れないですね。それは社会全体が出ないようにしているのかもしれません。
 こういう大物に、また巡り会いたいものです。

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-29 15:31 | ちょっと笑える話
やる木
「やる木」
練習に緊張感が足りないのは指導者の責任ではないか?

 子供の「やる気」は、〝やる木〟という木の苗を植え、水をやり、育てていくしかないのだと思った。
 スクスクと伸びていく木もあれば、遅々として伸びない木もある。杉のように真っ直ぐ伸びていく木もあれば、松のような木もある。
 松に向かって、「真っ直ぐ伸びろ!」とイラつくのは、イラつくほうが間違っている。松には松の素晴らしさがあり、その素晴らしさを見抜き、活かすのが指導者の責務だろう。
 「指導」とはまさに忍耐であり、忍耐こそ〝やる木〟の木を育てることだと考える。となれば、私に必要なのは「根気」、いや〝根木〟という木をいかに育てるか、ということになる。
 子供に教えられることは多い。


(空手道場 向谷匡史氏ブログより)
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-26 20:55 | 指導者関係
三大禁句
「三大禁句」

ダメ
ガンバレ
早くしなさい

子どもは、この三つの言葉を「親が発する毒ガス」と呼んでいるようで、子どものやる気をくじく親の三大禁句だそうです。

(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-26 11:15 | 保護者の皆様へ
ステップ その9
ステップ その9 「応援」
お互いに励まし合い、競い合うことの大切さを知る

子ども
・ 練習中は大きな声で仲間を応援する
・ 自分のチーム以外の試合を応援に行く
・ ライバルと思っている人を応援する


・ 子どもと一緒に試合を応援に行く
・ 応援しているときの気持ちを話し合う
・ 子どもをいつも応援しているという気持ちを伝える

コーチ
・ 仲間を応援しようとうながす
・ 応援は、結果的に自分のためであることを伝える
・ 人がプレーするとき、声を出させる


(辻式オリジナル・コーチング)
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-25 21:58 | 選手、気持ち
ステップ その8
ステップ その8 「協力」
チームワークを育て、お互いの思いやりの心を育てる

子ども
・ 友だちが何を考えているかを考える
・ 自分の気持ちを友だちに伝える
・ いつもひとりでやっていることを友だちとやってみる


・ 親子でいっしょに大掃除をする
・ 家族の役割分担を話し合う
・ お互いの気持ちを伝え合う

コーチ
・ みんなで気持ちを伝え合う
・ チームで協力して達成するゲームを考える
・ ひとりひとりの役割を考えさせる


(辻式オリジナル・コーチング)
(ishii morio)
[PR]
by kamonomiyamini | 2012-06-25 21:51 | 選手、気持ち